不規則な生活習慣はいずれあなたの身体に何かしらの悪影響を及ぼします。健康を害する前に生活習慣の見直しをしましょう!

  • ホーム
  • 自分に合う生活習慣を見つける

自分に合う生活習慣を見つける

楽しく食事する女性たち

自分にとって健康を維持できる生活習慣がベストです。
体調不良が続くようなら、今の生活習慣に問題があると考えていいでしょう。
不規則な生活を続けていると、必ず体調不良を引き起こします。
今はまだ問題が出ないのは、年齢が若いからかもしれません。
10年後も同様の生活を続けていれば、健康でいることは難しいでしょう。

自分に合う生活習慣は、自分で見つけていくしかありません。
人により若干の違いはあるでしょうが、万人に共通するポイントは睡眠をしっかり取ることです。
これを徹底していれば、不調になる可能性は極めて低いです。

睡眠が不足すると脳の疲れが取れないので、疲労・ストレスが溜まってしまうのです。
朝の目覚めも悪く、スッキリと起きることができません。
疲れた状態で一日をスタートすれば、より疲労やストレスを溜め込んでしまうでしょう。

就寝時刻が遅いとダメだとよく言われますが、これは睡眠時間が不足するからです。
健康のためには1日8時間は眠ったほうがよいので、それを考慮して就寝時刻を決めていきましょう。
起床時間から逆算すれば、何に就寝すればよいのかわかるでしょう。

例えば、朝の5時に起床するのであれば、前日の21時ごろには眠るべきです。
布団に入ってもすぐに入眠できない方は、その時間も考慮して床に入りましょう。
寝つきが悪いと感じる方ほど、朝もスッキリと起きられません。
こうした習慣が何年も継続すると、次第に身体に無理がかかって悲鳴をあげるようになります。

慢性的な頭痛や肩こりを招いたり、血液がドロドロになって動脈硬化を促進させます。
血管疾患は命に関わるため、普段から食生活に気を配って防いでいきましょう。
脂肪と糖質の摂りすぎには十分に注意しましょう。

関連記事